tv
back
s

みやはらたかおの
日記みたいなコーナーです。
だいたい毎日書いてます。

感想などメールください
s s
s  

2017年7月

s 2017年6月

2017年5月

s 2017年4月

2017年3月

s 2017年2月

2017年1月

s s

s

s 2016年12月

2016年11月

s 2016年10月

2016年9月

s 2016年8月

2016年7月

s 2016年6月

2016年5月

s 2016年4月

2016年3月

s 2016年2月

2016年1月

s s

s

s 2015年12月

2015年11月

s 2015年10月

2015年9月

s 2015年8月

2015年7月

s 2015年6月

2015年5月

s 2015年4月

2015年3月

s 2015年2月

2015年1月

s s

s

s 2014年12月

2014年11月

s 2014年10月

2014年9月

s 2014年8月

2014年7月

s 2014年6月

2014年5月

s 2014年4月

2014年3月

s 2014年2月

2014年1月

s s

s

s 2013年12月

2013年11月

s 2013年10月

2013年9月

s 2013年8月

2013年7月

s 2013年6月

2013年5月

s 2013年4月 2013年3月
s 2013年2月 2013年1月
s s s
s 2012年12月

2012年11月

s 2012年10月 2012年9月
s 2012年8月 2012年7月
s 2012年6月 2012年5月
s 2012年4月 2012年3月
  2012年2月 2012年1月
  s s
s 2011年12月

2011年11月

s 2011年10月 2011年9月
s 2011年8月 2011年7月
s 2011年6月 2011年5月
s 2011年4月 2011年3月
s 2011年2月 2011年1月
s s s
s 2010年12月

2010年11月

s 2010年10月 2010年9月
s 2010年8月 2010年7月
  2010年6月 2010年5月
  2010年4月 2010年3月
s 2010年2月 2010年1月
  s s
s 2009年12月 2009年11月
s 2009年10月 2009年9月
s 2009年8月 2009年7月
s 2009年6月 2009年5月
s 2009年4月 2009年3月
s 2009年2月 2009年1月
  s s
s 2008年12月 2008年11月
s 2008年10月 2008年9月
s 2008年8月 2008年7月
s 2008年6月 2008年5月
s 2008年4月 2008年3月
s 2008年2月 2008年1月
s s s
s 2007年12月 2007年11月
s 2007年10月 2007年9月
s 2007年8月 2007年7月
s 2007年6月 2007年5月
s 2007年4月 2007年3月
s 2007年2月 2007年1月
s s s
s 2006年12月 2006年11月
s 2006年10月 2006年9月
s 2006年8月 2006年7月
s 2006年6月 2006年5月
s 2006年4月 2006年3月
s 2006年2月 2006年1月
s s s
s 2005年12月 2005年11月
s 2005年10月 2005年9月
s 2005年8月 2005年7月
s 2005年6月 2005年5月
s 2005年4月 2005年3月
s 2005年2月 2005年1月
s s s


2017/8/20 26:00 外苑前の宇宙

手持ちでも打ち上げでも
花火の写真を撮っていると
宇宙が撮れてしまうことがある。
きょうは外苑前の花火だったので
事務所の近所の青山通りまでちょっと出てみた。

今年は日曜日のせいなのか、人が多い。
拡声器でどなる警察と歩道を埋める若い人たちで
ちょっと殺気だった雰囲気の中、
毎年恒例のメリハリのない花火は
(たぶん消防法の関係で三尺玉とか、大きいのは無理)
それでもなかなかよいものだ。
日本の打ち上げ花火は音も楽しむものなので
そこはちょっともったいない。
ちょうど目の前に信号の配電盤みたいなのがあって
警視庁のおじさんが手動で信号を動かしていた。
レトロなボタンを押して操作する仕組みは意外とローテクで
ちょっとやってみたかった。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/19 26:00 青森のちゅるん

ひさびさの青森みやげ。
金魚のパッケージがかわいい羊羹。
中はつまようじでチュルンとむける
ゴム羊羹(って言うかどうかは知らない)。
味は普通(笑)。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/18 26:00 昔の仕事

きのう、大岡山の東工大にひさびさに打ち合わせに伺って、
もう10年も前にやった印刷物をもらって帰ってきた。
データをシンガポールに送りっぱなしの仕事だったので
なんとなくそのままになっていたのだが
忘れるくらい前の仕事なので
タイムスリップして来たみたいな不思議な気分。
分子を様々な形につなげてみるという化学的な基礎研究で
「何に使うのですか?」と、聞いたら
先生は困った表情だった。
どうも余計なことを聞いてしまったらしい(笑)。
この時もいろいろ説明を聞いて
モチーフをいただいて
曼荼羅のイメージにしたけれど
いまだにちゃんと理解してない。
頭で理解しなくても
絵的にグラフィック的に理解していればそれでいいのだ
ってことにする。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/17 25:00 かぼす

かぼすをいただいた。
ブリティッシュ・グリーンみたいな濃い緑。
黄瀬戸の明るい黄色にぴったし。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/16 24:00 雨のつぶ

自転車の
かごにかかるは
雨真珠
(季語無し勘弁)

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/15 24:00 田舎の猫

田舎の外猫はなにかが違う。
精悍というか、野生的というか、
味があっていいやね。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/14 24:00 すばらしく湿った日

今日みたいに素晴らしく湿った日もないと
雨蛙はつらいだろ。
梅雨があまりない分だけ
夏がじめじめするのは仕方なくて
ここ数年の傾向だから
慣れてきたケロ。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/13 24:00 田舎の猫

田舎にいると
特にすることもなくて
食べてばかりだから
たまに外を散歩して
猫とか空の写真ばかり撮っています。
たんぼの向こうに
ちょっと変わった毛色の猫を発見。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/12 24:00 精霊蝗虫

8月の旧盆(精霊祭)の時期に姿を見せるとか、
精霊流しの精霊船の形に似ていることとか、
諸説あるショウリョウバッタ(オンブバッタよりちょっと大きめ)。
たしかにこの時期によく見かける気がする。
墓参りで見かけることも多い。
ぴったりな名前だけど
キチキチキチと鳴くから
『キチキチバッタ』というのも捨てがたい。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/10 24:30 ノブドウ

自宅の近所にノブドウの群生がある。
今年もいい感じに色づいている。
園芸種にしたらいいのにと毎年思う。
ハチやハエが寄生しないと赤い色が出ないそうで
虫付きで売らないといけないのは難しいなと
これも毎年同じことを考える。
園芸種はともかく
どこかの店舗でノブドウのカーテンとか生け垣を作ったら
インスタ女子がたくさんやってきて
「きれいだけど、中に虫がいるんだって、キモーい」
とか言って盛り上がるのかな。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/9 24:30 37℃

熱かった。
アフリカか?
っていうくらい熱かった。
写真は福山くんが僕の写真を使ったシャツ。
これが意外といい感じになっていた。
データの時点ではいつも、これで大丈夫?
って感じだけど
仕上がるとちゃんとしたクオリティーになるから不思議。
見たい人はVWへGO!
もう一枚は帽子のスタンド。
脳みそになっていてかわいい。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/8 24:30 ユザーン

きょうは蔵前でVWのオープニング。
ユザーンの生タブラを堪能してきた。
楽器の生音はなんにしろいい。
ショップが入ったビルは貴金属会館とかいう
六角形の窓を多用した不思議なビルで
それもちょっと見物。

それにしても熱かった。
しーらない まーちを旅するのは楽しいのに
今日ばかりはちょっと歩いただけで汗が吹き出して
散歩も何もあったもんじゃない。
帰りに虹が出たらしいが
それも見逃してしまったとです。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/7 24:00 サム

サム・シェパードが亡くなった。
一般的にはライトスタッフとか
脚本も参加したパリテキサスとかが代表作なのかもしれないが
個人的に一番印象に残っているのは
「フール・フォア・ラブ」という80年代の映画。
印象に残っていると言いながら
随分前に観たからぼわーっとした記憶しかない。
そのいい加減な記憶が正しいなら
二人の男女の回想シーンがおもしろかった。
それぞれのセリフに合わせて
過去の映像が流されるのだが
当然人は記憶を脚色し美化して語ってしまう。
その微妙なずれが映像で確認できるという
映画ならではの手法だった。
いまから考えると映像の方が真実とは限らないわけだし
このいい加減な記憶だって
正しいかどうか分からないわけだ。
というわけで
本当にそういうシーンがあったかどうか
もう一度観てみたいなと思った。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/6 24:00 針金人間は百済観音の夢をみるのか

ジャコメッティは誰がみてもジャコメッティだと分かる。
これは意外とすごいことで
特に彫刻では難しい。
誰がみても分かるくらいの個性がありながら
奇をてらった感じがまったくない。
ルーブル美術館あたりにそっと置いたら
アフリカの彫刻のようでもあるし
小さいのはエジプトの副葬品だと言っても通用するかもしれない。
ジェコメッティ一族は何代にも渡って針金彫刻を作ってきました
と説明されても納得してしまうだろう。
骨格標本みたいな彫刻でありながら
生き生きとしているのは
「生者を死者から隔てるまなざし」を追求したからか。
彫刻は時としてデスマスクみたいに
生きてない作品も多いけれど
ジャコメッティは針金なのに動き出しそうだ。
今回の作品の中では
小さいのが特によかった。
4センチに満たない立像などは
思わず「欲しい」と思ったくらい。
まだ会期はあるのでもし行くことがあったら
前からだけでなく、四方から見て欲しい。
百済観音のようであったり
阿修羅像みたいに前のめりだったり
仏像マニアでも楽しめるはず。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/5 24:00 夕月と鳥

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/4 22:30 VW(ブイダブル)

福山夫妻のお店が見切り発車します(笑)。
福山くんは元々は
タイムトロンという知る人ぞ知るブランドをやっていた人。
ユザーンがテレビに出るときに着ているタブラ柄の服は
ほとんど福山くんが作っています。
奥様のアキコさんは元々は
イデーのチーフデザイナーをやっていた
インテリア・プロダクトデザイナー。
なんだかよく分からない不思議なメンズの服と
シンプルなインテリアやグッズのお店です(たぶん)。
足し算で縄文で日光東照宮な夫と
引き算で弥生で龍安寺な奥様のお店はどうなるのか?
商品は足りているのか、間に合うのか?
いまごろ始めるのは夏物なのか冬物なのか。
いろいろ心配ではありますが
僕が撮ったタブラやシマウマ、像の写真を使った
シャツもあります。
オープニングはユザーンが一日お店で
タブラの練習を公開するようです。
生ユザーンを見たい方は
8月8日に蔵前に行ってみてください。
場所その他の情報はこちら。
http:/www./venderwoh.jp

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/3 24:30 来民うちわ

うちわの世界最高傑作と言ってもよいでしょう。
熊本県山鹿市、栗川商店の来民うちわ。
写真の左の(小丸)はもう10年も愛用しているけれど
右の小さいの(大人の手のひらより少し大きいくらい)は
なかなか東京では手に入らない。
欲しい方はこちらの小丸がリーズナブルでおすすめ。
(お店によっては3千円を超える値段になっています)
http://www.zutto.co.jp/catalog/3447

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/2 24:30 サルナシ

下町で見かけたサルナシの盆栽。
かっこいいのに名札がもったいない。
ちゃんとしてあげたい。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

2017/8/1 25:30 

コフキコガネは
イタリアの靴職人でも作れないくらい高級な質感と形だが
目がつぶらで、人の(虫の?)よさそうな顔をしている。
その上につけまつげのような触角がある。
扇子のようなシュロの葉のような触角は
たぶん夜行性だからと思う。
チョウの触角に比べて、
ガの触角が葉のようになっているのと同じ。
だとすると、メスのフェロモンを察知して見た目よりも匂いが重要で
チョウよりガが地味なのと同じく
夜行性の生き物は見た目が地味になる。
我らほ乳類も元々は夜行性だ。
だから鳥に比べてほ乳類は地味なのだ。
写真の黄金虫はアパートの階段でじっとしていたので
もう元気ないのかと思って連れて帰って
(踏まれたら気の毒なので)
生け垣に放り投げようと思った。
しかし外に出た途端、元気に飛んで行ったとさ。

はちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはちはち

all rights reserved © 1938.jp takao miyahara