tv
back
s

みやはらたかおの
日記みたいなコーナーです。
だいたい毎日書いてます。

感想などメールください
s s
s  

2017年1月

s s

s

s 2016年12月

2016年11月

s 2016年10月

2016年9月

s 2016年8月

2016年7月

s 2016年6月

2016年5月

s 2016年4月

2016年3月

s 2016年2月

2016年1月

s s

s

s 2015年12月

2015年11月

s 2015年10月

2015年9月

s 2015年8月

2015年7月

s 2015年6月

2015年5月

s 2015年4月

2015年3月

s 2015年2月

2015年1月

s s

s

s 2014年12月

2014年11月

s 2014年10月

2014年9月

s 2014年8月

2014年7月

s 2014年6月

2014年5月

s 2014年4月

2014年3月

s 2014年2月

2014年1月

s s

s

s 2013年12月

2013年11月

s 2013年10月

2013年9月

s 2013年8月

2013年7月

s 2013年6月

2013年5月

s 2013年4月 2013年3月
s 2013年2月 2013年1月
s s s
s 2012年12月

2012年11月

s 2012年10月 2012年9月
s 2012年8月 2012年7月
s 2012年6月 2012年5月
s 2012年4月 2012年3月
  2012年2月 2012年1月
  s s
s 2011年12月

2011年11月

s 2011年10月 2011年9月
s 2011年8月 2011年7月
s 2011年6月 2011年5月
s 2011年4月 2011年3月
s 2011年2月 2011年1月
s s s
s 2010年12月

2010年11月

s 2010年10月 2010年9月
s 2010年8月 2010年7月
  2010年6月 2010年5月
  2010年4月 2010年3月
s 2010年2月 2010年1月
  s s
s 2009年12月 2009年11月
s 2009年10月 2009年9月
s 2009年8月 2009年7月
s 2009年6月 2009年5月
s 2009年4月 2009年3月
s 2009年2月 2009年1月
  s s
s 2008年12月 2008年11月
s 2008年10月 2008年9月
s 2008年8月 2008年7月
s 2008年6月 2008年5月
s 2008年4月 2008年3月
s 2008年2月 2008年1月
s s s
s 2007年12月 2007年11月
s 2007年10月 2007年9月
s 2007年8月 2007年7月
s 2007年6月 2007年5月
s 2007年4月 2007年3月
s 2007年2月 2007年1月
s s s
s 2006年12月 2006年11月
s 2006年10月 2006年9月
s 2006年8月 2006年7月
s 2006年6月 2006年5月
s 2006年4月 2006年3月
s 2006年2月 2006年1月
s s s
s 2005年12月 2005年11月
s 2005年10月 2005年9月
s 2005年8月 2005年7月
s 2005年6月 2005年5月
s 2005年4月 2005年3月
s 2005年2月 2005年1月
s s s


2017/2/20 25:30 風の強い日

春二番?みたいな
南風がびゅーびゅーと
雲が早送りに流れて
物が落ちる音がして
目にゴミがはいって
騒々しい一日だったが
春が近いと思えば
足も軽くなる。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/19 25:30 台湾のトカゲ

スコセッシの「沈黙」を観た。
あまりおすすめではないし
実際に観るって人も少ないと思うので感想をかいてしまおう。
タクシードライバーやディアハンターの頃とは違って
巨匠の末期という感じだから
期待しないで観たら意外とおもしろかった。
映画なのに音楽なしだったせいか
残酷なシーンが滑稽にも見えてきて
予想とは違う展開。
映画音楽を駆使すれば
もっと重厚でもっと感動的な映画にも出来たはずなのだが
そうしなかったのは
当時の人々の残酷さや
宣教師の傲慢さを描きたかったのではなくて
映画の世界に共通の「無常観」を目指したのではないかと思った。
そう考えると一種のアンチユートピア(地獄)の描写とも言えるわけで
しつこく出てくる窪塚くんはメフィストフェレス?
みたいな感じがしないわけでもない。

映画音楽はなかったけれど
その代わりみたいに蛙や虫の声を多用してあって
九州にいた時が懐かしくもなるのだが何か違う。
ロケ地のかなりの部分は台湾らしい。
音も台湾だとすると
ヒグラシが妙にパワフルだったり
聞いたことがない鳥の声が混じっているのも
納得って感じ。
(台湾にもヒグラシはいるのかな)
写真は10年以上前に行った台湾でみたトカゲ。
背中に緑の模様が入っていて
熱帯のトカゲはやはり派手だなと感心した。
映画では長崎の設定にもかかわらず
もっと派手な緑のトカゲが登場していて
いい味を出していた。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/18 25:30 広瀬さんの箱

金曜日、久々に広瀬さんのところに行ってきた。
オブジェだらけだった部屋は古い紙だらけになっていた。
作りたい物もどちらかというと絵に重心があるみたい。
神保町に出かけて行っては
安い古い本を買って
解体して絵を描いているらしい。
お元気そうでなにより。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/17 25:30 メキシコの石

きょうはお茶の水で彫刻の個展を見てきた。
http://www.hiro-okumura.jp/news.html
金美の一つ下の学年で
メキシコ在住の奥村浩之氏。
会場は山の上ホテルの近く。
しかーし
奥村夫妻は利き酒会に参加するため新潟に行っていて留守。
10日間で一日だけいない日にピンポイントで行ってしまったみたい。
興味のある方は次の月曜までです、ぜひ。

帰りにはせっかくお茶の水に来たのだから
オーディオ屋さんでも見て行こうと思って
オーディオユニオンとか寄ってみたけれど
ネットでいろいろ見すぎたせいか
特に驚きもなく
ついでにレコードでも見てみるかと寄った店は
メタルの専門店だったりして
間が悪い一日だったのだった。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/16 25:30 ゴミ捨て場の絵

ゴミ捨て場に絵があった。
なんで回収してもらえなかったんだろう。
ちょっと怖い絵、だからかな。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/15 25:30 チョコ

「お! ありがと。作ってくれた?」
「溶かして型に入れただけ」
「そうか」
 といった感じの親子の会話。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/14 25:30 チョコの日

うちの周りだけかもしれないが
昔に比べるとこの日が随分静かになってよかった。
この日よりもハロウィーンの方がマーケット的に超えたと
そんな話をどこかで読んだ。
お一人さまマーケットが増えたせいとか。
何でもいいけど
義理チョコを配りまくるってのも
なんだかなあって思っていたので
これでよいと思います。
あ、これからチョコを渡そうと思っている方は
絶賛受け取り中です、遠慮なく。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/13 25:30 空中を歩く人

青山のアオギリはすっかりケヤキに植え替えられた。
アオギリも好きだったど
やはり青山にはケヤキが似合う。
ケヤキと言えば箒仕立て。
箒をさかさまに立てたような形がいいとされる。
うちの近所のはうまく根付いているようで
枝振りもなかなか。
空中を歩くおじさんもかっこいい。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/12 25:30 雲一つない

風はまだまだ寒いけれど
日差しはしっかりとした
いい天気の一日でよかったね。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/11 25:30 雲

雲がきれいな一日だった。
この年になると
一日うちにいるとなまる。
親父さんが正月も休まず何かやっていたのは
身体がなまらないためなのか
それともただの貧乏性だったのか。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/10 25:30 4曲目

うちのCDプレーヤーは気まぐれで
1曲目からでなくて途中からかけようとすることがある。
買った当初からそうだったけれど
故障というほどでもないからそのまま使っている。
でも時々、人の好みを分かっているのか?って時がある。
たとえばこのCD、お葬式にかけて欲しい曲ナンバー1。
フォーレのレクイエム。
ヘルツォークの「緑のアリが夢見るところ」という映画でも
冒頭の竜巻の映像のバックに使われた曲が4曲目。
久々に聞いてみたら、ちゃーんと4曲目からかけてくれた。
このCDプレーヤーはネットにも接続しているから
僕のパソコンの好みを分析しているのかもしれない。
だとしたらちょっと怖い。
そのうち「いつものこの曲からかけましょうか?」
って声をかけて来るんじゃなかろうか。

葬式といえば最近話題のJASRAC。
JASRACにお金を払っていない葬儀屋さんだと
葬式に好きな曲をかけられないなんて話もあるそうで
(実際、断られた事例もあるみたい)
まあ、世知辛い世の中ですねー。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/9 25:30 ちょこっと雪

ほんの少しだけ降った雪の中
バスの窓には
ぼのぼのの絵が描いてあった。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/8 25:30 鹿目の滝

事務所に行くまえに
テレビをつけたら
たまたま人吉の映像が流れていて
鹿目の滝(かなめのたき)というのを紹介していた。
人吉にこんないい滝があったとは。
今度帰った時に行ってみよう。

http://www.mori-taki-nagisa.jp/100/waterfall/028.html

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/7 25:30 伊勢のにっぽん文楽

毎年、ポスターなどを担当させてもらっている「にっぽん文楽」。
吉野檜で作られた破風作りの豪華な移動式の小屋で、
六本木、大阪城、浅草と開催されて来ましたが
今年は伊勢神宮外宮特設会場。
伊勢神宮の中で開催ということもあり
入場無料!
ですが、抽選による整理券が必要なので詳しくはこちら。
http://www.nipponbunraku.com/performance/performance04.html
あのあたりは陸の孤島なので
東京からだと遠い。
でも伊勢神宮は日本人だったら一度は行っておかないと。
本殿と荒祭宮(あらまつりのみや)にお参りする前に
都会で濁ってしまったいろいろを
五十鈴川の清らかな水に手を入れて
きれいさっぱり流してしまうのも
たまにはいいんじゃないでしょうか。
もちろんお近くの方もぜひ!
整理券の申し込みは2月15日締め切りです。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/6 25:30 虫垂くん

だと思ったんだよね。
人の身体に無駄なものがあるとは思えないって。
というのは虫垂のこと。
昔はのどちんこと一緒で
虫垂は必要のない器官だから
とってもいいって事になっていた。
かくいう自分も小学校の時、
ヘルニア(脱腸)の手術のついでに
とってしまっていたので気になっていた。
http://www.gizmodo.jp/2017/01/appendix-not-useless.html
盲腸の手術で不要と切除されてきた虫垂は
実は進化した器官で役立っているらしい という記事。
最近はあまり風邪をひかないけれど
若い頃はとにかくしょっちゅうひいていた。
虫垂をとってしまったせいかもしれないが
とってしまったものは仕方ない。
兄貴が盲腸でひどい目にあっていたから
予防的にとってしまおうという親心だから
責めるつもりはないけれど
今だったらとらないだろうなあ。
のどちんこも、しょっちゅう腫れる人はとってしまう事があるけれど
やめておいた方がいいと思うなあ。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/5 25:30 カルテット

娘が観ていたので何気なく見始めた
TBSのカルテットというドラマがおもしろい。
http://www.tbs.co.jp/quartet2017/
脚本も演出もキャスティングも完璧。
別荘地で撮られていて
家の内装もいい感じ。
胸がヒリヒリするような毎回の展開に
ちょっとした笑いも入っていて
なかなかよい。
昔はドラマのTBSと言われた時代もあった放送局の
面目躍如って感じ。
今からでもおすすめです。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/4 25:30 生け贄

きょうはチラシなどを担当した、能と組踊(沖縄)を観に横浜能楽堂へ。
能と琉球の古典で、同じような内容の演目を同時に観る、
全部で5回のシリーズの、3回目。
今回のテーマは生け贄。
生け贄というと随分前の話と思いがちだが
日本ですら昭和になっても地方で密かに行われていたという話もある。
少なくともつい100年くらい前まではあっただろうと考えられる。
雨が降らないからとか橋を作るからという理由で
娘さんを差し出してくれと言われても
そうはいかないわけで
現代にもいろいろ問題はあるけれど
いい時代になったものだ。
しかし現代だって100年後の人からしたら
野蛮な風習がたくさんあるだろうから
今の常識で昔の人の考えを裁くのはよくないな。

終わった後でチラシを見返してみると
今回の能の衣装はこれよりもずっと派手だった。
肩が盛り上がってジャミラみたいで
下の袴もビビッドなオレンジに
竹籠の文様に丸いマークをあしらった金の箔は
エルメスかよって感じ。
龍の衣装もすごかった。
頭に大きな龍をのせて、カラフルな鱗紋に上着は紺色に金。
袴は濃いグリーンに銀の箔。
(グリーンに銀の箔はグラフィックデザインでも鉄板の組み合わせ)
衣装といえば、気になったのは生け贄になる女の子。
ストラビンスキーの「春の祭典」の生け贄の娘でよく使われるのと同じ真っ赤な衣装。
やはり赤なのだなと思った。
組踊の方はいつもより静かであまり動きのない演目だったが
セリフはほとんど分からなくても最後まで沖縄の音を楽しめた。
セリフが延々と同じリズムと抑揚で謡われるせいか
伴奏がなくても音楽なのだった。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/3 25:30 タブラケース

福山くんがユザーンのために作ったタブラケース。
本体は紙にゴム塗料、
刺繍とかレーザーとか
あいかわらずなんだかすごい(笑)。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/2 25:30 LV38

1938年にデンマークのラジオ放送局の建築のためにデザインされた
デスクランプの世界最高峰、
LV38(通称ラジオハウスランプ)が復刻された。
びっくりした驚いた。
http://www.louispoulsen.com/jp/media-and-press-room/press-release/vl38-table-plus-wall-plus-floor/
照明マニアだったら知らない者のいない
ルイ・ポールセンというメーカーのランプで
洋梨のようなかわいらしい形と
真鍮の組み合わせはどこをとっても完璧、しかも軽やか。
おそらくこれを超えるデスクランプはもう出ないだろうっていうくらいのプロダクト。
ビンテージの本物はとんでもない値段になっていたというか
まあほとんど売ってないから
復刻版でも日本で6万円台はこれでも安いと思う。
外国のこの通販だと4万円台。
https://www.nest.co.uk/product/louis-poulsen-vl38-table-lamp
しかし気になることもある。
電球が埋め込み式のLED。
時代には逆らえないから仕方ないけれど
電球は好きなのに取り替えられた方がよかった。
それに、そもそもこれ、意外と大きい。
写真を見て買ったら、届いた時に大きさに驚くことになる。
復刻版が出たことでビンテージのが安くなるとよいのだが。
そこに期待することにしよう。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

2017/2/1 25:30 熟成

高級な昆布を扱う老舗にには倉庫があって
ござをかぶせて古い昆布を保管している。
京都の高級料亭などは2年以上ねかした昆布しか使わないそうだ。
中には5年ものもある。
あまり知られていないけれど
羊羹も数年ねかした方がおいしい。
とらやの社長さんも昔そう仰っていたとか。
大分前に30年ものの羊羹を食べたことがある。
それはもうとろとろで
チョコか羊羹か分からないような物になっていた。

昆布以外にもねかすとよい物はある。
味噌にワインに梅干しにらっきょ。
もちろんやり過ぎはよくない。
加減が難しい。
食べ物以外だと人の芸もそう。
だいたい30年くらいねかすといい感じ。
日本の芸は特にそう。
能狂言、歌舞伎に落語。
昔は絵も60過ぎてからが全盛期だった。
中国の胡弓なども30年やってはじめて人前で演奏できるとか。
最近は子どもマーケットだから
青田刈りが多い。
すぐに消えるのもそのせいか。

写真は、よく北海道のお土産にいただく五勝手屋羊羹。
今回はなんと限定品の白。
白い五勝手屋羊羹ははじめて見た。
白あんみたいな中身らしい。
花火みたいな見た目と
後ろから押し出して、糸できゅっと切って食べるのが楽しい一品。
これも2〜3年ねかしてから食べようと思う。
天日干ししてもおいしいらしい。

にににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににににに

all rights reserved © 1938.jp takao miyahara