tv
back
s

みやはらたかおの
日記みたいなコーナーです。
だいたい毎日書いてます。

感想などメールください
s s
s 2022年10月

2022年9月

s 2022年8月

2022年7月

s 2022年6月

2022年5月

s 2022年4月

2022年3月

s 2022年2月

2022年1月

s s

s

s

2021年12月

2021年11月

s

2021年10月

2021年9月

s

2021年8月

2021年7月

s

2021年6

2021年5月

s 2021年3月

2021年3月

s 2021年2月

2021年1月

s s

s

s

2020年12月

2020年11月

s

2020年10月

2020年9月

s

2020年8月

2020年7月

s

2020年6月

2020年5月

s

2020年4

2020年3月

s 2020年2月

2020年1月

s s

s

s

2019年12月

2019年11月

s

2019年10月

2019年9月

s

2019年8

2019年7月

s 2019年6月

2019年5月

s 2019年4月

2019年3月

s 2019年2月

2019年1月

s s

s

s

2018年12月

2018年11月

s

2018年10

2018年9月

s 2018年8月

2018年7月

s 2018年6月

2018年5月

s 2018年4月

2018年3月

s 2018年2月

2018年1月

s s

s

s 2017年12月

2017年11月

s 2017年10月

2017年9月

s 2017年8月

2017年7月

s 2017年6月

2017年5月

s 2017年4月

2017年3月

s 2017年2月

2017年1月

s s

s

s 2016年12月

2016年11月

s 2016年10月

2016年9月

s 2016年8月

2016年7月

s 2016年6月

2016年5月

s 2016年4月

2016年3月

s 2016年2月

2016年1月

s s

s

s 2015年12月

2015年11月

s 2015年10月

2015年9月

s 2015年8月

2015年7月

s 2015年6月

2015年5月

s 2015年4月

2015年3月

s 2015年2月

2015年1月

s s

s

s 2014年12月

2014年11月

s 2014年10月

2014年9月

s 2014年8月

2014年7月

s 2014年6月

2014年5月

s 2014年4月

2014年3月

s 2014年2月

2014年1月

s s

s

s 2013年12月

2013年11月

s 2013年10月

2013年9月

s 2013年8月

2013年7月

s 2013年6月

2013年5月

s 2013年4月 2013年3月
s 2013年2月 2013年1月
s s s
s 2012年12月

2012年11月

s 2012年10月 2012年9月
s 2012年8月 2012年7月
s 2012年6月 2012年5月
s 2012年4月 2012年3月
  2012年2月 2012年1月
  s s
s 2011年12月

2011年11月

s 2011年10月 2011年9月
s 2011年8月 2011年7月
s 2011年6月 2011年5月
s 2011年4月 2011年3月
s 2011年2月 2011年1月
s s s
s 2010年12月

2010年11月

s 2010年10月 2010年9月
s 2010年8月 2010年7月
  2010年6月 2010年5月
  2010年4月 2010年3月
s 2010年2月 2010年1月
  s s
s 2009年12月 2009年11月
s 2009年10月 2009年9月
s 2009年8月 2009年7月
s 2009年6月 2009年5月
s 2009年4月 2009年3月
s 2009年2月 2009年1月
  s s
s 2008年12月 2008年11月
s 2008年10月 2008年9月
s 2008年8月 2008年7月
s 2008年6月 2008年5月
s 2008年4月 2008年3月
s 2008年2月 2008年1月
s s s
s 2007年12月 2007年11月
s 2007年10月 2007年9月
s 2007年8月 2007年7月
s 2007年6月 2007年5月
s 2007年4月 2007年3月
s 2007年2月 2007年1月
s s s
s 2006年12月 2006年11月
s 2006年10月 2006年9月
s 2006年8月 2006年7月
s 2006年6月 2006年5月
s 2006年4月 2006年3月
s 2006年2月 2006年1月
s s s
s 2005年12月 2005年11月
s 2005年10月 2005年9月
s 2005年8月 2005年7月
s 2005年6月 2005年5月
s 2005年4月 2005年3月
s 2005年2月 2005年1月
s s s

2022/11/29 22:00 わら半紙

わら半紙のことをネットで話している人がいて
ああ、そんな紙あったなと思い出した。
学校のプリントとか
ガリ版刷りとか。
その製紙関係の人の話しによると
わら半紙は新聞紙のB級品だそうで
新聞用紙の品質に満たない紙を裁断して売っていたのだとか。
いまは新聞の需要も減っているし
わら半紙にはしないで
リサイクルしているから
見かけないのだそうだ。
もう長いこと観てないから
どんな紙だったか
ひさびさに見てみたい気もする。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/28 22:00 ながとも!

いやあ、試合の疲れがとれない。
勝っても疲れるけど回復は早い。
負けると立ち直るのに2倍のエネルギーが必要な気がする。
でもスペイン戦は楽しみ。

たぶんサッカーファンだと思うのだが
中年の男性がうちのアパートのまわりを
「ながとも!」
って小さく叫びながら走ってた。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/27 22:00 負けた

サッカーの神様はいじわるだ。
このままでは引き分けで終わってしまうと
思っていたところで
試合を通じてたった一本のシュートで一点。
でもこれが実力ということで
ドイツ戦はまぐれ当たりだったとバレてしまった。
まあ、そんなものだろうけど
前半からみんな疲れた顔だったので
やっぱり砂漠の気候にやられてしまったか。
スペイン戦は勝たなくてもいいから
恥ずかしい試合にならないことを祈る。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/26 23:00 ハヤトウリ

田舎から柿とか届いた。
写真みたいなのも。
ハヤトウリというらしい。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/25 22:00 皇帝ダリア

皇帝ダリアが咲いた。
2メートルを軽くこえるのっぽさんなので
せっかくきれいに咲いた花を
近くで見れない。
そういうところも皇帝みたいってことか。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/24 23:00 よい天気

きのうの試合で力を出し切って疲れたので
きょうの韓国戦はほどほどにして
さっさと寝よ。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/23 24:00 勝った

きのうのサウジに続いて
なんと日本がドイツに勝ってもうた。
眠れないかも。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/22 22:00 サウジ

ツイッターに「サウジまじ」とかいうワードがあがっていたので
なんだろうと思って調べてみたら
なんとアルゼンチンに勝ってしまったらしい。
びっくりした。
砂漠の温度差とか気候に対して
南米の人はどうなんだろうと思っていた。
もしかしたら、弱いのかも。
でもモロッコに行ったときに思った。
日本人が砂漠の温度差と風でヘロヘロになっている中、
ドイツ人はまったく平気な顔してた。
だから明日は無理っぽい。
でもまあサッカーというスポーツは
番狂わせが起こりやすいスポーツ。
間違って勝ってしまうことを期待しよう。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/21 22:00 玉虫色

さいきんのクリスマスの飾りは
レインボーというか玉虫色というか構造色というか
こんな感じのが多いみたい。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/20 23:00 かと思ったら

寒くなってきたかと思ったら
雨ふったりして
ちょっとしっとりして
それほどでもない。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/19 22:00 寒くなってきたにゃあ

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/18 22:00 トウカエデ

毎年のことだけど
うちの庭のトウカエデの赤がすごい。
緑が黄色になってオレンジになって最後は赤。
今年も終わっていくなあ。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/17 22:00 飛行機雲

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/16 22:00 まじめ

うちのアパートの階段にいる。
まじめそうな人。
おちょぼ口。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/15 22:00 テレタビーズ

20年くらい前にイギリスに行ったとき
たまたまテレビでみたのが懐かしくて
ネットフリックスのテレタビーズを観てみた。
あいからず不思議な番組。
20年前って感じはしない。
太陽役の黒人の赤ちゃんももう大人になっていると思うと
なんだか感慨深い。
もう一回観てみようって
同じ動画を繰り返すという手法は
当時はびっくりした。
公共の放送で放送したばっかりの映像を
すぐにまた流すって
子供は喜ぶだろうけど
日本だったら今でお絶対無理。
人種やLGBT(ゲイの子がいる)への配慮も20年前は
今ほどじゃなかった。
この20年、日本だけが取り残されてしまったな。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/14 22:00 でんでん

野菜にくっついてきたデンデンムシを
ベランダのアボさんに預けた。
あとはまかせた。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/13 22:00 女神の見えざる手

アマプラで「女神の見えざる手」という映画をみた。
インターステラーの娘さん(大人の方)が主役。
なかなかよいのだが
17日まで、おすすめです。
写真はぜんぜん関係ないけど
向かいのアパートでいちゃいちゃしてた鳩。
ちょっと離れてはくっついたりを繰り返してた。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/12 24:00 ゆで卵を生卵に

ゆで卵を遠心分離機にかけて
生卵に戻せるとかいう話しがあって
またまたあと思っていたら
本当の話しなのだそうで
どこかでそういう動画があったら見てみたい。
イグノーベル賞もとっている研究だそうなので
嘘ではなさそう。
卵を加熱するとタンパク質がからみあって
それで硬くなって茹で卵になるので
それを遠心分離機にかけてほぐせば元に戻る
という理屈だそうな。
ほんまかいな。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/11 22:00 ねむい

きょうは早起きして
ひさびさの健康診断に行ってきた。
胃カメラは今回は痺れ薬を上手に喉にためることができて
前回よりもずいぶん楽だった。
ねむいっぴー。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/10 23:00 み

ツイッターなどでは
「わかりみが強い」とか言っているので
その”み”を使ってみたいのだが
使い方がわからない。
使い方のわからなみが強い
ではだめかな。
ちがうんだろな。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/9 23:00 さむいねむい

年のせいかどうかわからないが
寒いと眠いが近づいてきたような気がする。
さむい、ねむい。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/8 23:00 月食と天王星食

今年は天体ショーに恵まれなかったのだが(天気が)
400年ぶりとかいう月食と天王星食の観測には
絶好の天気だった。
天王星食と言っても
月の向こう側を小さな星が通り過ぎるだけなので
地味と言ったら申し訳ないが
肉眼では見えなくて
双眼鏡でぎりぎり見える感じ。
でも撮影した画像を拡大してみると
ちゃーんと写ってた。
よかった、よかった。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/7 22:00 菊

そろそろ菊の季節ではあるのだが
今年はやたらと花屋さんで菊の花をみたような気がする。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/6 22:00 小人

変わった帽子の小さきお方が
着物を着こなして
歩いておられた。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/5 22:00 葉っぱの黄色

ちょっと前にホットカーペットを片付けたばかりなのに
また出さなきゃ。
日も短くなってきて
葉っぱも黄色くなってきて
秋ですなあ。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/4 22:00 チェンソーマン

今年も日本はアニメ豊作の年みたいで
モブサイコ100(赤塚不二夫と大友克洋を足して割った感じ)とか
リコリスリコイル(オタク臭が強すぎでおすすめできないがアクションはすごい)とか
ゴールデンカムイの3期とか。
そんな中でもまだ3話しかみてないけれども
なんだかすごいのがチェンソーマン。
火曜の深夜で、なぜだかこれもテレ東。
米津玄師+常田くん(キングヌー)のテーマ曲にはじまって
毎週変わるエンディングテーマもけっこう豪華な面々。
アクションのスピード感だけは
前から日本アニメは世界一だったのだが
ついに3DCG(たぶんBlender)と手書きの合体がこなれてきて
異常に丁寧な背景と相まって
毎週放送されるアニメとは思えないくらい
映画レベルのクォリティーになっている。
デビルマンと寄生獣とうる星やつらを足して割った感じで、
頭悪そうな内容なのにセリフや演出もちゃんとしていて気にならない。
制作のMAPPAは進撃とか呪術廻戦の会社なので
アクションがいいのは当たり前で
その上でさらにいわゆるアニメではなく
映画を作ろうとしているのだと思う。
血みどろでスプラッターな内容なので
そういうのがいやでなかったら
アマゾンプライムでもネットフリックスでも観れます。
4話は今度の火曜の深夜から。ぜひ!

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/3 22:30 彩雲っぽい日

きょうは雲がきれいで
ときどき薄い彩雲が見えた。
とても気持ち良い秋の日。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/2 22:00 葉っぱ

近所の野球場のネットには
軟式のボールとか
誰かの忘れ物のグローブとか
いろいろ引っかかってる。
もうすっかり秋だから、
カナダの国旗みたいな葉っぱも。

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

2022/11/1 22:00 赤の芋づる

ゴダールが亡くなったので「女は女である」をアマプラで見直したら、
赤が印象的だった。
そういえば小津の「秋刀魚の味」も赤が効いていたと思って検索してみたら
ネットフリックスでリマスター版が観れた。
小津といえば「アフター・ヤン」という映画の監督が
小津の影響を受けていたらしいと検索してみたら
「コロンバス」という最初の監督映画がアマプラにあって
これも観てみたら、なかなかよかったので
(サーリネンの建築が好きな人は必見)
今ちょうど公開中の「アフター・ヤン」も観ることに。
これがまたよくて
「コロンバス」同様、美術、特にインテリアがよい。
小津とディックを足して割ったような内容なのに
まったく自然で無理がない。
今年になって、グーグルのAIと研究者の会話がリークされて
ようやくAIもSFレベルの知能になってきたかと思っていたところで
そりゃあ、あのレベルの会話ができたら
依存してしまう人もでるわけで
結局、高度な人口生命に魂は宿るのかという
ディックの問いは永遠なんだろうなと思った。
グーグルのAIラムダさんとの会話はこちら、
https://t.co/7z0F1jztAA

11111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

all rights reserved © 1938.jp takao miyahara